タイムカードを使う勤怠管理

  • タイムカードで勤怠管理を行う上での注意点

    • 最近では、長時間労働やこれに伴う不払い残業が社会問題になっています。



      今後、社員の勤怠管理は、企業の責任として、さらに厳しく管理することが求められます。

      goo ニュースのことなら、こちらをご参考にしてください。

      しかしながら、働く人数の多い事業所では、個々の社員の出退勤時間を責任者が把握することは大変です。
      特に、多くのシフト勤務を導入している事業所では、出勤しているかを確認することも難しいのが実態です。

      そこで、注目したいのがタイムカードになります。

      勤怠管理とは、社員の出退勤時間を管理することが目的ですが、最近のタイムカードは、記録された時間から時間外労働時間を算出し、さらには給与計算まで行ってくれるのです。時間外労働にかかる残業代は、割増賃金になりますから、非常に計算が複雑です。
      つまり、勤怠管理だけでなく、給与計算事務まで行ってくれますので、会社にとっては一石二鳥ですから、今後も導入する会社は増える思われます。

      ただし、注意点もあります。
      それは、正しくタイムカードを使用し、出退勤時間を正確に記録させることです。



      例えば、仕事が終わって、食堂などで社員同士で話した後でタイムカードを押してしまえば、働いていないのに残業代が支給されてしまいます。


      反対に、仕事が終わっていないのに押してしまえば、不払い残業にもなってしまいます。
      勤怠管理を行っていく上で、タイムカードは非常に有効なものですが、それだけに頼るのでなく、正確に記録させるよう、社員に落とし込むことが大切なのです。