タイムカードを使う勤怠管理

  • クラウド型勤怠システムの導入について

    • 勤怠システムにクラウド型のものを導入することのメリットは、勤怠データをリアルタイムで確認できることです。
      問題が発生する前に対応できるところが、ペーパー管理より優れています。



      従来締日が来てからタイムカードや出勤簿を集めてチェックしていたため、締日後に仕事が集中して申請漏れや過重労働の把握と対応は後回しにされていました。

      本来労働管理は、その場で改善しないと繰り返すといわれています。

      クラウド型勤怠システムでは、システムを導入して労働管理を根本から変えます。

      goo ニュースが一般的になってきました。

      非接触型ICカード指の動脈認証などを取り入れることによって「脱タイムカード」ができるようになります。これらのシステムの導入で、本人認証が即座にできるとともに、一瞬で出勤等の記録がされてデータ化されます。これによって、リアルタイムで勤怠管理ができるようになります。


      従業員は、タイムカードの打刻の行列がなくなり時間が効率的に使えるようになります。


      集められたデータは、給与管理ソフトに連動しており残業時間管理や、集計の手間がなくなります。

      有給休暇の日数付与や残日数の管理もできます。

      紙や別のソフトで検証する必要がないので、効率的に人の管理ができます。


      最近の法の傾向が労働環境の改善にあることから、シフト体制などの問題解決が求められています。煩雑で精度が低かったシフト管理は、クラウド型勤怠システムに切り替えることで、勤務体系の違う従業員の時間管理をタイムカードのチェックなどの圧用から解放してくれます。


      管理職は、もっと接客などの本来の業務に集中できます。