タイムカードを使う勤怠管理

  • 勤怠管理システムのメリット

    • 昨今、企業におけるコンプライアンスの遵守が叫ばれていますが、従業員の勤怠管理については特に重要性が高まっています。

      過剰労働が問題になっている現代社会では、労働基準監督署の監視の目も厳しくなっており、法令違反は即業務の改善や停止につながります。



      また、規模が大きな企業ほど社会的な関心が高いので、昨今のネット環境の普及で、ブラック企業のレッテルが貼られやすくなっています。

      そうしたリスクにとって対策となるのが、勤怠管理システムの導入です。

      勤怠管理システムは、従業員の労働管理をシステマチックに行えるシステムで、タイムカード管理のような人手による就労管理より格段に信頼性が高くなっています。
      タイムカードの集計を手作業で行う場合、集計表への書き写し間違いが発生する恐れがありますが、勤怠管理システムではIDカード等によって自動で出退勤情報が集計されます。

      OKWaveの情報を知りたい方必見です。

      通常の労働時間に加えて、残業や休日出勤においても適切に管理することができ、正確な就労時間がデータとして残せます。

      規模の大きな会社では一人ひとりの就業時間を管理することは、人手では大幅な労力を必要としますが、自動集計ならば事務作業の人手が殆どかからなくなります。

      加えて、自動集計なので、出勤の際の不正な打刻なども防止することができます。



      打刻方法としては、静脈認証などの生体認証が使えるので、本人以外に出勤の打刻が出来ないわけです。

      また、GPS打刻機能では打刻時間と同時に位置情報も記録されるので、外回りの営業担当者の勤怠管理も適切に行うことが可能です。