タイムカードを使う勤怠管理

  • 新しい形のタイムカードと勤怠管理システム

    • 紙のタイムカードによる勤怠状況の打刻は、長らく日本どころか世界中の企業で使われ続けています。

      その最大の理由は、導入がかなり簡単だということでしょう。



      タイムレコーダーを購入、設置して後はタイムカードを毎月用意するだけ。

      話題になっているロケットニュース24情報に精通したサイトです。

      操作も簡単なので社員教育の必要もありません。

      また、勤怠管理の手法としてもカードを見るだけで状況がすぐに分かるのはメリットと言えます。
      しかし、今、紙の物に替わる新しいタイムカードが登場しつつあります。
      それは、ICカードによるものです。

      カードを見ても勤怠の状況は分からないので、一見すると便利ではないように見えるICカード。
      しかしそこには、勤怠管理システムとの連動という大きなメリットがあるのです。ICカードを使う形のタイムレコーダーは、ほとんどの場合インターネットに接続されています。



      それにより、打刻された情報はインターネットを通じてクラウド型の勤怠管理システムにすぐに格納され、集計されます。

      システムはいつでも、どこでもインターネットに繋がってさえいれば見ることができるので、勤怠状況のチェックをほぼリアルタイムですることができるのです。

      しかも、紙のタイムカードでは従業員ごとに一枚一枚チェックする必要がありましたが、勤怠管理システムならば検索機能や一覧表示機能で複数の従業員を一度にチェックすることも可能です。


      また打刻情報は自動で集計されるので、紙によるものと違い再入力の必要がありません。

      これは給与計算担当者にとっては相当な作業の削減につながります。

      このようにメリットの多いICカードを使用したタイムカード、そしてそれと連動した勤怠管理システムは、これからも普及が進んでいくでしょう。